旧ロゴ スナップオン 工具の専門店 Old Snap

 

旧ロゴ、絶版品の事ならOld Snapにおまかせください!

スナップオンの通信販売ショッピング / 通販オンラインショップ

Old Snapとはよくある質問

特定商取引法に基づく表示 

スナップオン 資料館

 

初めての方

スナップオン資料館

 1920年代

  沿革

  カタログ

  20年代工具のトリビア

 

 1930年代

  沿革

  カタログ

  30年代工具のトリビア

 

 1940年代

  沿革

  カタログ

  40年代工具のトリビア

 

 1950年代

  沿革

  カタログ

 

 1960年代

  沿革

  カタログ

 

 1970年代

  沿革

  カタログ

 

その他の小ネタ(作成中)

 ドライバーのロゴ表記

 1944,45年のイヤーマーク

 黒帯ソケット

 スナップオンロゴの種類

 PAR-X

 グリップの太さ

 異色ラチェット

 U.S.A.表記

商品検索
キーワード
価格範囲
円〜
会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ



の日は発送のみお休みです。
お問い合わせやご注文は
365日/24時間
受け付けております。

スカイプでお問い合わせ

スカイプでも商品に関するご質問や、依頼のご相談を受け付けています。

昼夜時間は問いませんのでにはお気軽にお問い合わせください。

それ以外の場合でも伝言、メッセージを残して頂ければ折り返し連絡させていただきます。

 

スカイプをお持ちで無い方も

050-5534-5734

までどうぞ。こちらも昼夜時間は問いませんのでお気軽にご連絡下さい。




 

 

 

1930年代

 

動の1930年代の始まりです。

1930年代は厳しくもあり、そして創造力溢れる時代でもありました。

 

1930年にブルーポイントとの合併により、会社名も「Snap-on Wrench Company」から

 

Snap-on Tools, Inc

 

に変更されました。

 

しかし、悲劇はいきなりやってきます・・・

 

1931年、当時の社長であったパルマーが心臓発作により急死してしまいます。

  1930年代 William Mayers

 

当時、本社をケノーシャに移動中であったため、銀行からの融資の返済等で経営が大変困難になりました。

そのときの債権者がBridge Boulevard BankとForged Steel Products Companyでした。

 

聞き慣れないForged Steel Products Companyとは・・・

オールド・スナップオンのプライヤーの代名詞ともいえるであろう、あのバキュームグリップ(タコの吸盤のようなブツブツが付いたグリップ)の生みの親でもある会社です。

 

会社合併により、その後のスナップオンのプライヤーにもバキュームグリップが採用されるようになりました。

Forged Steel Productsのバキュームグリップ

スナップオンのバキュームグリップ  

 

プライヤーについての詳しい話はこちらから

 

 

そして、Snap-on Tools, IncForged Steel Products Companyは同一経営者が運営する運びとなりました。

新たな社長としてForged Steel Companyの当時の社長、メイヤー(William E. Myers)が選ばれました。

 

 

こうして新たな指揮官の下、スナップオンは再建への第一歩を踏み出すことになります。

 

再建の第一歩として1931年には初の海外拠点としてスナップオン・カナダが誕生します。

 

スナップオンセールスマン達と工場の様子

 

 

1935年頃になるとメカニック達に「Needs List」と称しどのような工具が必要なのかのアンケートをとり始めます。

このようなアンケートは後にそのエリアでの経営戦略を決める大事な資料となりました。

 

同年、サントン・パルマー(初代社長)の息子 ロジャー・パルマー(Rogers Palmer)が副社長、及びセールスマネージャーに就任します。

 

そして、この頃からT.P.(Time Payment)による支払いも受け入れるようになりました。

(簡単に言うとツケによる支払いです。)

 

この戦略はかなりリスキーとも思えましたが、この頃の時代背景を考えるとメカニックたちは高価な工具をそう易々と買えるような時代ではないことは確かです。

 

そして、このセールスポリシーは顧客との良い関係を築いて行く事となります。

 パーソナルクレジットカード  

  

これは70年代の物ですが、このような帳面に記入されていました。

 

支店毎の売り上げ傾向は徹底的に分析され、それを元にセールスマンたちに教育指導していきます。

この時の全米トップセールスはボストン支店で、その販売戦略は参考モデルとして発展途上のエリアのお手本となりました。

 

優秀なセールスマンはそのエリアのセールスマネージャーに昇格され、セールスマン達の育成指導をしていきました。

このような徹底した経営戦略と教育指導により、ほんの5年ほどでセールスマンの数は240人から488人までになりました。

 

スナップオン創設初期を支えたメンバー達

 

その年(1935年)、ニュートンがそれまでの役職から辞任してしまいますが、ディレクターとして会社に残ります。

 

 

1937年に会社名を「Snap-on Tools, Inc.」から

Snap-on Tools Corporation

に変更します。

 

同年、イリノイ州のMount Carmelの5エーカーの土地に第二の工場を建設しました。

補足:5エーカー=6100坪(20,235u)

 

1939年の第二次世界大戦の開戦により、政府の命令で主要生産を政府の要望に答えるように、生産ラインの変更を余儀なくされました。

開戦後まもなく、社長のメイヤーが亡くなってしまいます。

 

そして後任を受け継いだのが、スナップオン思想の原点を築いたジョー(Joseph Johnson)です。

 

ジョーはSnap-on Tools CorporationForged Steel Products Company両社の社長となります。

 

1939年に会社設立19年目にして初めて、株主達に配当金が支払われました。

この配当金を元に会社は安定を取り戻していきます。

 

1930年代は新社長のウィリアム・メイヤーの厳格さと、セールスマネージャーのロジャー・パルマーの画期的な経営戦略によって成功へと向かう大きな躍進の年代でした。

 

 

 

関係あるコンテンツ

 

1930年代の工具の特徴

    1930年代の創設初期の工具を紹介しています。

 

1930年代のカタログ

    1930年代のカタログ全種類をご紹介

 

沿革

    1920年代

    1930年代

    1940年代

    1950年代

    1960年代

    1970年代

 

オールド・スナップオン資料館入り口

 

ヤフーオークション

 

2006年よりヤフーオークションに旧ロゴのビンテージ・スナップオンを出品しております。 
お取引件数はおかげさまで900件を超えました。

 

ヤフーオークションID:gonzius177

 

随時新しい商品を出品しております。

 

 

ヤフーオークションIDをお持ちでない方でもご依頼頂ければショップにて販売も可能です。 
お気軽に
お問い合わせください。
※但し、入札の入っていない物に限ります。