旧ロゴ スナップオン 工具の専門店 Old Snap

 

旧ロゴ、絶版品の事ならOld Snapにおまかせください!

スナップオンの通信販売ショッピング / 通販オンラインショップ

Old Snapとはよくある質問

特定商取引法に基づく表示 

スナップオン 資料館

 

初めての方

スナップオン資料館

 1920年代

  沿革

  カタログ

  20年代工具のトリビア

 

 1930年代

  沿革

  カタログ

  30年代工具のトリビア

 

 1940年代

  沿革

  カタログ

  40年代工具のトリビア

 

 1950年代

  沿革

  カタログ

 

 1960年代

  沿革

  カタログ

 

 1970年代

  沿革

  カタログ

 

その他の小ネタ(作成中)

 ドライバーのロゴ表記

 1944,45年のイヤーマーク

 黒帯ソケット

 スナップオンロゴの種類

 PAR-X

 グリップの太さ

 異色ラチェット

 U.S.A.表記

商品検索
キーワード
価格範囲
円〜
会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品カテゴリ



の日は発送のみお休みです。
お問い合わせやご注文は
365日/24時間
受け付けております。

スカイプでお問い合わせ

スカイプでも商品に関するご質問や、依頼のご相談を受け付けています。

昼夜時間は問いませんのでにはお気軽にお問い合わせください。

それ以外の場合でも伝言、メッセージを残して頂ければ折り返し連絡させていただきます。

 

スカイプをお持ちで無い方も

050-5534-5734

までどうぞ。こちらも昼夜時間は問いませんのでお気軽にご連絡下さい。




 

 

 

1960年代

 

ーケティング部門の改革がこの年代の特徴です。

 

ディーラーからの商品供給の要求に迅速に対応する為にはマーケティング部門と製造部門との緊密な協力関係を確立することが必要不可欠となりました。

そして、この協力関係の確立により、さらなる経済成長を遂げました。

 

1960年の春に、ジョー(Joseph Johnson)がチェアマン(取締役会長)の役職から引退します。

 

同年、24年間に渡り不休で生産を続けてきたケノーシャ(Kenosha)の工場が、3週間のストライキにより一時生産を中断せざるおえなくなりました。

  

Vic Cain(写真左) 1960年から1966年まで社長に在任

Robert Grover(写真右)1966年〜1974年まで社長に在任


1962年、その前年にセールス部門の管理職になったグレン(Ted Glenn)は業務の合理化を目的としたマーケティングプログラムの変更を開始します。

 

フィールド管理も、それまでの7地域構成から3地域構成(東、中央、西)に再編成されました。

この変更により、情報伝達や人事慣行の強化と規格化に成功しました。

また、ディーラーの巡回範囲も狭まり、隔週または週ごとに顧客のもとを訪れることができるようになりました。


ケイン(
Vic Cain)の厳格な内部統制はグレン(Ted Glenn)の改革的なマーケティングプログラムと相まって、1960年代前半までにその戦略が間違いのない確かな物であるということを証明しました。

 

1964年、メキシコに生産工場(Snap-on Tools de Mexico, S.A. de C.V.)を設立します。

 

 

 

 

 

 

そして、IBMが1964年に最初の汎用メインフレームの開発に成功したことから、スナップオンもコンピューターの時代になりました。

既存のパンチカード機器の変更、注文の処理、在庫管理など様々な面でコンピューターによる改善が行われました。

 

1965年にはイギリスに直売店がオープンします。

これは欧州市場介入の最初の一歩でした。

 

そしてスナップオンのレンチ、ソケットはこの時代に大幅な設計変更をしました。

当時、米国軍は当時米軍ではジェットエンジンの軽量化にともない、ボルト、ナット類(ファスナー)を小型化する計画が進行されていました。これにより、小型化されて新素材となったファスナーヘッドに対して十分な張力を発揮させるため、より強いトルクでしめることができるレンチがもとめられました。

 

そのニーズに答える為に画期的な「フランクドライブ」の開発に成功したのです。

 

そして1965年にはフランクドライブの特許を取得します。

最初は特別な高性能ツールにのみしようされていましたが、後に同社のレンチとソケットの殆どに採用されるようになりました。

  

 

1966年4月22日に取締役会が開かれ1929年以来スナップオンで働き、1959年からは同社の社長として在任していたケイン(Victor M. Cain)がCEOに選出されました。

 

1942年以降スナップオンで働き、2年間副社長として在任していたロバート(Robert L. Grover)が新たな社長として選出されました。

その後、ケイン(Victor M. Cain)は1968年に引退するまで会長を務めました。

 

1966年にはカナダの製造工場で大幅に生産能力が拡大されました。

同年、支店および、国際事業へのサービス向上の為、イリノイ州のオタワに中央物流センターが建てられます。

 

この10年間の目まぐるしい技術の変化に合わせる為、電気系統、油圧関係、エアツールなどの生産能力の開発も積極的にされました。

 

1967年、マサチューセッツ州のネイティックにあるジャドソンエンジニアリング株式会社にてエアツールの生産ラインを開始しました。

 

1960年代にはそれまでスナップオンの成長に大きく貢献し、マーケティングと販売に欠かすことの出来なかったパルマー(Rod Palmer)とグレン(Ted Glenn)の2人が退職します。

   

 

そして、スナップオンはマーケティングの基盤を確実なものとし、1920年代の創設以来、この年代は最も重要な時期でもありました。

今後の10年はスナップオンにとって、気が遠くなるほどの成長と成功を収めることとなるのです。



 

1960年代の製造とマーケティングとの連携の仕組みはその後のスナップオンの爆発的飛躍の原動力となりました。

 

 

 

関係あるコンテンツ

 

1960年代のカタログ

    1960年代のカタログ全種類をご紹介

 

沿革

    1920年代

    1930年代

    1940年代

    1950年代

    1960年代

    1970年代

 

オールド・スナップオン資料館入り口

 

ヤフーオークション

 

2006年よりヤフーオークションに旧ロゴのビンテージ・スナップオンを出品しております。 
お取引件数はおかげさまで900件を超えました。

 

ヤフーオークションID:gonzius177

 

随時新しい商品を出品しております。

 

 

ヤフーオークションIDをお持ちでない方でもご依頼頂ければショップにて販売も可能です。 
お気軽に
お問い合わせください。
※但し、入札の入っていない物に限ります。